徹底的に顧客につくす-経営革新承認企業報告会より-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

長年経営している他社の事例から学ぶ

今日はミリオンビジネスアカデミーが承認された
「経営革新計画承認企業」の成果報告会があり、
出席してきました。

その中では老舗企業もあり、カリスマ経営者から
2代目への事業承継などの話など、
課題と問題解決事例を聞くことができました。

その中で印象的だったのが
「顧客リスト」の話です。

15577577_1223545391058397_1093419626_n

火事の時、真っに持ち出すもの

江戸時代の商人は、火事の時に真っ先に持ち出して、
井戸に投げ込むものがあるそうです。
それは、最も大切にしたいものなんですね。

お金じゃないです。

商品でもないです。

答えは「顧客台帳」

現代風に言い換えると「顧客リスト」と呼ばれるものです。

なぜ、江戸時代の商人は顧客台帳をそこまで
大切にするのでしょうか。

新規顧客と既存客、どちらが大切ですか

このような質問をすると酷ですが、
「売上を上げる」「利益を伸ばす」という観点から見ると
どちらのほうが大切でしょうか。

新規顧客の獲得には広告費がかかります。
信頼構築のための時間がかかります。
キャンペーンを打つなどの手間もかかります。

一方、一度お客様になった「既存客」はどうでしょうか。

手元に住所やメールアドレスがあれば連絡可能。
メールやはがきで商品の案内が可能。

信頼関係は構築済み。顧客満足度が高い場合
一声かけるだけで商品を買ってくれる可能性もあります。

リピート性のある商品であれば、既存客は
何もしなくても注文を入れてくれるかもしれません。

つまり一度お客になった「既存客」のリストがあれば
低コストで販売促進ができ、売れるまでの時間も短いので
売上アップも新規顧客獲得より難しくありません。

ですので「一度購入されたお客様」の情報は
「お金」より大事なんですね。

優秀なセールスマンの能力をコピーする

今回発表されていたある家電を扱っている
会社さんの場合はまさに「顧客リスト」を
大切にしている会社さんでした。

どの家にどの家電があり、それは
どのメーカーで、どのくらい古くなっている。

そこまで管理していたそうです。

お客様にとっては、家電のことなら
自分の家にある家電のことをすべて
任せられる、このお店にしようか
となるのは必然かもしれません。

実際、大手電気店も進出した地域でしたが
大手は結局撤退し、その企業が生き残ったとのこと。

大手はどうしても個人宅の家電のことまで
さすがに手が回らないでしょう。

資本力がある大手に対抗するには
きめ細かなサービスでの顧客満足度で勝負。

このような勝負の仕方もあるのですね。

顧客を大切にしてますか

既存客を大切する、言うのは簡単ですが、
「どこから手をつけていいんだろう」
ということもありますよね。

シンプルに売上が上がるアイデアとしては

「バースデー特典」

です。

誕生日月に割引、クーポンを送る。
メッセージを添えて、プレゼントを贈る。

必ず好感を持ってもらえるはずです。

当たりまえのこととして、
やっているところもあるかと思いますが、
これも「顧客リスト」がないとできない方法。

自分の顧客リストを洗い出し、
最も優良な顧客属性に対して
最も喜ぶようなサプライズを。

ぜひ、お試しください。

【追記】

経営革新承認事業の紹介パンフレットに
弊社ビジネススクールが掲載されていました。
先ほどの企業のように受講生一人一人に
最適な授業を提供したいと存じます。

15554929_1223545401058396_1067589393_n


登録無料の「勉強会・セミナー優先案内ページ」へのご案内


一人ビジネスの収入アップを応援するミリオンビジネスアカデミーでは
勉強会・セミナーを開催しています。
過去の勉強会、セミナーの様子や無料の優先登録はこちらから

【登録無料】一人ビジネスMBA勉強会・セミナー優先登録のご案内



卒業生のご感想


月収100万円越えの受講生も!当スクールの受講生の感想をご覧ください。

【FaceBook】ミリオンビジネスアカデミー公式FBページ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. お客さんに行動してもらうコツ
  2. 「起業前」に必ず読んでほしいメッセージ。
  3. たった5分でリピート率をあげる方法
  4. 時間を創るには「外注化」を検討する
  5. 一人ビジネスが即改善する3つの方法
  6. 「熱心な営業マン」を無料で増やす方法
  7. DMの反応をあげるベスト3
  8. 費用9,100円で、419,000円を売り上げた方法
PAGE TOP