負のスパイラルから脱出する為の3M

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

いい商品やサービスがあるに…

毎月、広告費をかけているのに…

 

お客さんのことを一番に考え、一生懸命働き自信を持っていい商品や

サービスを提供しているのにお客さんが集まらない。

 

そうなると、メチャクチャ焦りますよね。

 

今月の家賃は払えるのか?

スタッフの給料は確保できるのか?

来月の売上はどうなってしまうのか?

 

売上が伸びないからと、安易に割引きをする。

割引をしてもお客さんが集まらないので、さらに割引をする。

こうなってしまうと、広告費が回収できないばかりか、

完全に負のスパイラルに飲みこまれてしまいます。

そして一度、負のスパイラルに飲みこまれてしまえば、

そこから脱出することは難しくなりますが…

 

そこから脱出して、一気に良いスパイラルへ突入することもできます。

一体、どうすればいいのか?と、言うと、

 

負のスパイラルから脱出する為の3M

 

すでに負のスパイラルに飲みこまれている、またはこの先そんな予感が

しているのであれば、今回お伝えする3Mがお役に立つはずです。

 

  1. Market(マーケット)

ここでいうマーケットとは、あなたがターゲットにしているお客さんのことです。

つまり、理想の顧客像。

どんなビジネスにおいても、理想の顧客像は必要です。

なぜなら、そこを明確にすればするほどビジネスの方向性が定まるから。

簡単に言ってしまえば、理想の顧客像とはあなたが付き合いたいお客さんです。

 

例えば、その人は男性なのか女性なのか、年齢はいくつなのか、

どこに住んでいるのか、仕事は何をしているのか、家族構成は、趣味は、

良く行くお店は、何が好きで何が嫌いか、どんな本を読んでいるのかなど、

出来るだけ詳細を書き出してみてください。

 

  1. Message(メッセージ)

あなたのマーケット(理想の顧客像)が決まれば、その人に向けて

メッセージを発信します。

その人は、どんな悩みを抱えているのか、どんな問題を解決したいのか、

この先どうなりたいと思っているのか、そしてなぜ他ではなくあなたから買う必要

があるのか、あの人にもこの人にもではなく、あなたが決めた理想の顧客に

向けてメッセージを届けます。

 

  1. Media(メディア)

なぜ最初にマーケットを決めることが大切なのか?

それは、その人の行動パターンに合わせたメディア(媒体)を効果的に使うためです。

もし、あなたの理想の顧客像のほとんどが新聞を取っていないのであれば、

新聞折り込みは効果的とはいえませんよね。

そういうことです。

 

もちろん、この3Mを構築するのには入念なリサーチが必要となります。

 

そして、この3Mは三角形で出来ています。

1つでも欠けていることがあれば、三角形が作れません。

つまり、最大限に効果を発揮しないのです。

しかし、この3Mがバッチリと決まればこうなります。

 

正しいマーケット × 正しいメッセージ × 正しいメディア

 

足し算ではなく、掛け算になっていることに注目してください。

それほど、一気にあなたのビジネスを好転させるのが、この3Mなのです。

 

ここで1つ例をご紹介します。

那覇のヘアサロンの話です。

初めてお会いした際に、「あなたのお客さんは誰ですか?」と聞いてみたところ…

「子どもから大人まで、女性も来て欲しいけど、男性にも来て欲しい」との、

返答が返ってきました。

そこで、「本当に来て欲しい理想の顧客像」を深堀していきました。

すると、「既婚の30代女性、店舗から半径2km以内に住んでいて、小学生の子どもがいる」と、

より具体的になりました。

マーケットが決まったので「こんな方にオススメ」と、その人に向けてメッセージを

発信しました。

すると、7割強ものお客さんが深堀した理想の顧客像と一致したのです。

しかも、これはこのヘアサロンだけに限ったことではありません。

他のネイルサロンや整体院でも、同じような結果につながったのです。

 

どの店舗も、メディアとして使ったのがフリーペーパー。

マーケットとメッセージを変えただけで、一気に広告費を回収し良いスパイラルへ

突入したのです。(メディアは問題ないと思ったので変えませんでした)

 

これまで色んな経営者の方にお会いしていますが、メディアを最初に決めて

しまうことが見受けられます。

ですが、そもそもあなたの顧客がそこにいなければ大した結果は得られないでしょう。

 

もしあなたのマーケットが決まっていないのであれば、まずは理想の顧客像を

あぶり出してみてください。

次に、その人に届けるメッセージを作ります。

そして、その人が読んだり見たり聴いたりしているメディア(新聞、雑誌、ネット、ラジオなど)を

使って、負のスパイラルから脱出し良い三角形を構築してください。

 

PS

当スクールでは、「ブログでは書けない」、「他では教えてくれない」集客や販促の成功事例を

メルマガで発信する予定です。興味がありましたらご登録ください。


登録無料の「勉強会・セミナー優先案内ページ」へのご案内


一人ビジネスの収入アップを応援するミリオンビジネスアカデミーでは
勉強会・セミナーを開催しています。
過去の勉強会、セミナーの様子や無料の優先登録はこちらから

【登録無料】一人ビジネスMBA勉強会・セミナー優先登録のご案内



卒業生のご感想


月収100万円越えの受講生も!当スクールの受講生の感想をご覧ください。

【FaceBook】ミリオンビジネスアカデミー公式FBページ


The following two tabs change content below.
2年間で32人の月収100万円事業者・一人起業家・フリーランスを育成。 売上アップと労働時間削減を同時に達成できる スピード経営戦略「PBF」開発者。 自身も経営コンサルタントとして 口コミのみで2018年に年収5000万円を達成。 現在、経営者として法人2社を経営。 -- 数字での判断を重視するため 時に冷酷だが、クライアントのために 必ず結果を出すコンサルティングに 定評がある。事業歴、講師歴12年。 -- 「事業者の時給は5万円を死守しよう」 「高くても選ばれる高単価商品設計で利益を増やそう」 「業務の自動化で労働時間を半分にしよう」 をポリシーとする。 個人事業者では1か月半で月収100万円達成者を生み出す、法人企業は6か月で売上7倍を達成するなど、スピード感のあるコンサルティングに定評がある。 →講師プロフィール →個人Facebook

最新記事 by 親川 政明 -ミリオンビジネスアカデミー学長- (全て見る)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. DMの反応をあげるベスト3
  2. 徹底的に顧客につくす-経営革新承認企業報告会より-
  3. 「集客ホイホイ」イベント集客、成功の共通点
  4. 時間を創るには「外注化」を検討する
  5. 「ノー」を「イエス」に変える3つのステップ
  6. 動物の生態からアイデアを取り入れる
  7. 忙しすぎる社長が「労働時間」を短縮する3つのステップ
  8. たった5分でリピート率をあげる方法
PAGE TOP